ぽこもん-無名雑魚並みの感想

無名雑魚なりにポケモンについて考察してみた

シングル61

 シーズン4のスペシャルに向けて使えそうな新ポケを適当に

 前提としてこのルールでは頑丈、かたやぶり、低速滅びあたりが強いっていうのが前回の結果をみればなんとなくわかると思う。

 前回のKPはこんな感じらしいが、上位陣ではこれらに加えてドンファンが多かったらしい。たぶん今回ブシンとニンフィアは消える。

f:id:harusteinkakka:20170509195444p:plain

 

ミミッキュf:id:harusteinkakka:20170509192953g:plain

陽気HS@オボン 呪い/みがわり/まもる/@1

 S95属以下を完封できる呪いミミッキュ。どうせ5ターンで試合が終わるのだから最初に少しでもみがわりが貼りやすくするために持ち物はオボンでいいと思う。

 @1の枠にはミラー意識のシャドークローかかげうち、低速滅びを封じるための挑発あたりが候補。

 

アシレーヌf:id:harusteinkakka:20170509193515g:plain

冷静orのんき最遅@イア うたかたのアリアムーンフォース/滅びの歌/まもる

 今回の低速滅び枠。マリルリよりSが早いが、おそらく多いであろうオノノクスの選出を抑制し、上記のミミッキュが挑発を持っていた場合にも対応できる音技持ち。

 ドンファンに対してうまくイアが発動するような調整がないか考えたい。

 アクアジェットを入れたいが技スぺが足りない。

 

③カプ・コケコf:id:harusteinkakka:20170509194914g:plain

臆病or控えめCS@シュカ 10万ボルト/マジカルシャイン/草結び/挑発

 低速滅び要因がマリルリアシレーヌになると思われるので、そこに強い電気タイプ枠。シュカでドンファンオノノクスカイリューマンムーあたりに打ち勝てるようになり、挑発でミミッキュ展開も阻止できる。

 

グソクムシャf:id:harusteinkakka:20170509195734g:plain

いじっぱりHA@突撃チョッキ 出会いがしら/アクアジェット/吸血/しっぺ返し

 ただ単に対面性能が高い。環境次第では刺さるかなって程度だけど刺されば強い。

 

 他にはここらへん

f:id:harusteinkakka:20170509200500g:plainf:id:harusteinkakka:20170509200515g:plain<倒されなきゃいい+滅びより遅い

f:id:harusteinkakka:20170509200630g:plainf:id:harusteinkakka:20170509200657g:plain<圧倒的パワー

 

 

 

 

 

 

グロステテフ論争

 TLで話題になっていたメガメタグロスカプ・テテフのどちらが有利かというお話。

f:id:harusteinkakka:20170428223906g:plainvsf:id:harusteinkakka:20170428223928g:plain<なかよくしよ?

 

 基本的にこの対面が起こった場合に裏とかなにも考えなければメタグロス側が有利なのは誰も否定することもない事実だと思う。

 これに対して、裏のことまで考えるとどうせメタグロスを受けられる物理受けがいてメタグロスが受けられ、不利対面を作られてしまう。というのがカプ・テテフ側が有利だと主張する論拠である。おそらくこれは選出状況によっては100%ではないもののおおむね正しい。

 

f:id:harusteinkakka:20160201224712g:plainf:id:harusteinkakka:20150506175901g:plainf:id:harusteinkakka:20160312190849g:plain大体こんなやつらがいる可能性が高い

 

 しかし、これではカプ・テテフ派は「対面」でものを考えるのではなく「並び」で考えていることになる。

 メタグロス派も「並び」で考えるとそこら辺をみるためにメタグロスの裏にはカプ・レヒレがいることが多いのではないか?という結論になる。

f:id:harusteinkakka:20170428224825g:plain書いてて思ったけどこんなのもいいかもf:id:harusteinkakka:20160506213450g:plain

 

 さらにその先まで考えるとカプ・テテフ派はメタグロス+αを両方ともある程度見ることができるポケモンを裏に置けばいいと考えると思う。

f:id:harusteinkakka:20150317030743g:plainf:id:harusteinkakka:20150224231410g:plainf:id:harusteinkakka:20150317224034g:plain例えばこんなの

 

 じゃあ、メタグロス派は

f:id:harusteinkakka:20170222002154g:plainf:id:harusteinkakka:20150317223921g:plainこんな考えに行きつくかもしれない

 

 こんなことしててもキリがないよね。

 

 

 余談だけど、こうやって、様々な問題点・分岐点がいくつもあってそれに対していくつもの答えがあってどれも正解となりえてっていうのを繰り返して出来上がるのが「構築」だと思う。

 この「構築」は今の環境とか認識とかいろんな要素によって正解が変わってくるものであって、そもそも確実な正解などはないかもしれないけど、より確実な正解に近いものを求めるのが構築を考えるってことだと思う。

 

 つまり、なにを言いたいかというとその論争意味ある?

 

 

 

 

 

単体考察 ピンギガイアス

 砂パとしての運用ではなくあくまで単体性能から採用すべきタイプのギガイアス

 

f:id:harusteinkakka:20170314022856g:plain

ギガイアス@オボンの実 いじっぱり 砂起こし

192(252)-195(180)-154(28)-×-106(44)-46(4)

ロックブラスト/地震ステルスロック/どくどく

 

 85‐135‐130‐60‐80‐25という無駄のない種族値を持ちさらに砂起こしという強力な特性を手に入れたギガイアス

 現環境にステルスロックが刺さっていることとギガイアス単体で見ることができるポケモンがKP上位に非常に多いためそこらへんを意識した調整。

 

・HBライン

 A補正252ミミッキュの剣舞Zシャドークロー 確定2

 A無補正252メガリザードンXの逆鱗 オボン込み低乱2

 A無補正無振りカバルドン地震 オボン込み確定3

 A補正252メガボーマンダ地震 オボン込み低乱2

 A補正252ランドロス地震確定2

 etc

・HDライン(砂込み)

 C補正カプ・テテフサイコキネシス オボン込み確定3

     〃     Zサイコキネシス 中乱1

 C無補正252霊獣ボルトロスのZ気合玉 中乱1

 C無補正252ゲッコウガの珠ハイドロポンプ 確定2

 etc

・Aライン

 呪い後のミミッキュにロックブラストが化けの皮、砂込み 3発

 B下降後のパルシェンにロックブラストが砂込み 3発

 etc

 

 このようにKP上位陣に対してかなり有利に動ける。特にメガリザードン双方に対し有利に動けるのは選出段階でかなりの利点である。

 基本的な動かし方は対面性能を活かして殴るかステロ+αといった動きをするかとシンプル。

 実際多くの試合を有利に運んでくれた。

 

Qバンギラスじゃだめなの?

Aミミッキュオニゴーリに弱いからダメです。

 

 

 

 

 

 

血迷いまいまい

 冷静に考えて使えないなっていう没案

 

f:id:harusteinkakka:20170311200706g:plain

バクガメス@炎Z ひかえめHC

トラップシェル/流星群/火炎放射/気合玉

 バクガメスとかいう誰も使っていないであろうポケモンのトラップシェルっていう誰も使っていないであろう技をなんとか使いたいと考えていたところ炎Z使えば普通の高火力炎技になり、2パターンの使い方ができることに気が付いた。

 気が付いただけで絶対弱い。

 

f:id:harusteinkakka:20170311201121g:plain

タイプ・ヌル@進化の輝石 しんちょうHD

恩返し/とんぼがえり/シャドークロー/電磁波

 有利対面製造マシーンとして考えて使ってみたが2度目の受け出しがきかない。ポリゴン2がいかに恵まれているかが理解できただけだった。高速再生技は偉大。

 

 

f:id:harusteinkakka:20170311200502g:plain

ハッサム@突撃チョッキ いじっぱりHA

バレットパンチ/とんぼがえり/はたきおとす/アイアンヘッド

 カプ・テテフに恨みがあるハッサムカプ・テテフはめざ炎がなければ基本的にハッサムから逃げていくので役に立つことはなかった。

 

 あとジャラランガとかジジーロンとかあるけど飽きた

 

 

 

単体考察 環境適合エンペルト

 環境にカバリザ、テテフパルが多いのでそこらへんをメタってみた。

f:id:harusteinkakka:20160125170156g:plain

エンペルト水Z ひかえめHC

ハイドロカノン/ラスターカノン/あくび(冷凍ビーム)/ステルスロック

 

 上述のポケモンに加えてボーマンダウルガモスも多い現在の環境においてステルスロックという技の重要性が高まっていると感じたのでステロ枠を考えている途中に生まれたポケモン

 ZハイドロカノンでHDカバルドンだろうがリザードンがXだろうがYだろうがカプ・テテフだろうがなんでも吹き飛ばす。ついでにガルーラも乱数。

 水鋼という優秀なタイプによりテテフパルのどちらも後出しから処理することができ、さらにうまくいけば後続に激流ハイドロカノンまで打てるロマン。

 あくびと冷凍ビームはボーマンダが重いかどうかで選択でいいと思う。

 エンペルトが覚える技を知らないのか読みが噛み合わない試合が多くストレスがたまるため公開。

 

 

 

単体考察 虫Zウルガモス

f:id:harusteinkakka:20170222002154g:plain

ウルガモス@虫Z ひかえめCS

オーバーヒート/虫のさざめき/ギガドレイン/蝶の舞

 

 攻撃技でも変化技でもZ技が使えるポケモンが強い理論に基づいて考えたポケモン

 Z蝶の舞の効果が能力ダウンのリセットであるため、オーバーヒートによるCダウンのデメリットを抑えることができる。それどころか起点にしにきたスイクン等の瞑想持ちを逆に誘って起点にできる。

 何戦か使ってみたが今の環境でウルガモスに虫のさざめきを採用するメリットが全くなかったので解雇。

 オニゴーリとかが増えたらまた使うかも。

SMシーズン1(脳内)使用構築

f:id:harusteinkakka:20170115005242p:plain

 

ボーマンダ@メガ むじゃきAS

捨て身タックル/地震/流星群/大文字

 火力押しつけ枠その1。ミラー意識の最速流星群

 

・カプ・テテフ@眼鏡 ひかえめHC

サイコキネシスムーンフォースシャドーボール/寝言

 火力押しつけ枠その2。気持ち程度の催眠対策。

 

ワルビアル@襷 ようきAS

地震/噛み砕く/岩石封じ/挑発

 環境適用兼S操作枠。電気エスパーの一貫きって挑発でいろいろ阻止。

 

・ポリゴン2@輝石 なまいきHD

恩返し/冷凍ビーム/電磁波/自己再生

 特殊受け兼S操作枠。テテフに入る恩返し。

 

ギャラドス@ゴツメ のんきHB

滝登り/冷凍ビーム/大文字/電磁波

 物理受け兼S操作枠。ガブマンダハッサムに強い両刀。

 

ジバコイル@チョッキ ひかえめHC

10万ボルト/ラスターカノン/ボルトチェンジ/めざめるパワー氷

 対面操作枠。たぶん今の環境では重要な鋼。

 

 S操作と対面操作から火力を押し付けたい人生だった。

 最終最高最低1500