読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽこもん-無名雑魚並みの感想

無名雑魚なりにポケモンについて考察してみた

マンダ軸高速トリルスイッチ

f:id:harusteinkakka:20160313005514p:plain

 終盤3日だけ1500から使った構築。

 最高2000半ば、そこから2000切ったところでもう時間と気力が切れたので公開。自分から勝ち筋を拾いに行ける構築でないと今の環境は難しいと感じたのでそれを念頭において作った。

 

ボーマンダ@メガ石

むじゃき AS

捨て身タックル/地震/流星群/大文字

 この構築の最初の1体でエース。とにかく上から火力を押し付けるのが仕事。また、威嚇を入れてからヤドランに引くことで型のわからないガルーラガブリアスを安定してみることができる・・・つもりだったけど相手がボルトロス等に引くことも多かったのでこのギミックは正直失敗だった。

 最初はやんちゃで使ってたがどちらにしろクレセリアは2発で落ちないこととジャローダが抜けないこと、ボーマンダ対面での引き先がいないことなどからむじゃきに変更。火力不足は感じなかったしたぶんこっちのほうが強い。

 

ニンフィア@眼鏡

ひかえめ hbC

ハイパーボイスサイコショック/めざめるパワー地面/電光石火

 この構築の裏のエース。最初はホルードの枠がワルビアルだったが、ホルードに変更したためクレセドランを1体でみることができなくなったのでめざ炎個体から地面個体に変更。ドヤ顔めざ地は1回も決められなかったのは内緒。ショックはゲンガーピンポ、石化はヤドランがガルーラのグロ捨て身で落とされたときにガルーラのHPがほんのわずかに残るため仕方なく採用。

 トリルニンフィアが強いと聞いて入れてみたがかなり強く、マンダで削るかゲンガーで1:1とってからのトリル展開でeasy winできた試合が多かった。

 

・ヤドラン@ゴツメ

ずぶとい HB

熱湯/冷凍ビーム/なまける/トリックルーム

 この構築の軸。ゴツメ枠であり、マンダからの引き先であり、トリル始動要員。

 わざわざヤドランを採用したのは、ニンフィアが呼ぶアローに強く、最近増えたと噂のみがわりガルーラのみがわりを壊せる確率が高いことから。クレセやスイクンよりも相手の裏に負担をかけられるのがいい。他にもヤドバレル選出でひたすらサイクル回して相手を削りきるとかいうこともできる。

 正直なところ耐久不足は否めないが思ったよりも第一線で使えるポケモンだと感じた。こいつはゴツゴツメット@〇〇じゃなくてヤドラン@ゴツゴツメット

 

モロバレル@ヘドロ

なまいき HD

ギガドレインクリアスモッグ/めざめるパワー炎/キノコの胞子

 ヤドランと並んでこの構築のクッション。めざ炎はナットレイに安心して出すために。こいつでゲンガーを相手にすることはないのでイカサマがなくても困らなかった。

 ゲンガーとの相性を考えて脱出ボタンを持たせようかとも思ったが、ピン選出も多いため、ヘドロに落ち着いた。なまいきなのは親個体間違えただけ。

 相手を下から無理矢理眠らせて仕事は終わりだけど選出誘導力は非常に高い。

 

・ゲンガー@メガ

おくびょう HS

シャドーボール/滅びの歌/みがわり/みちづれ

 構築自体が自分のやりたいことを押し付ける構築なので、相手がやりたいことを押し付けてくる構築の場合、構築相性が悪いと負けに直結するため、めんどくさいやつらをとりあえずもってく枠。主に、受ける・害悪・ポリクチ等。

 他にも相手を1体処理すればニンフィアが通ると感じた時などに無理矢理そいつを処理する。

 有利不利対面関係なくとりあえず初手みがわりの法則。

 

ホルード@チョッキ

いじっぱり hAd

おんがえし/地震/はたきおとす/とんぼがえり

 マンダニンフで有利対面作ったり、ゲンガーで捕まえたりするためのつなぎ役でこの構築で特に重いゲンガーギルガルドサーナイトを処理する役。

 最初はいつものワルビアルを入れていたが珠ゲッコウガに勝てないし、シールドガルド落とせないしでなんかいいのないかなって思ってたらチョッキホルードの記事を見つけたので使ってみた。

 おいうちがないためゲンガーに逃げられるのが難点だが、この構築ではむしろ有利対面を作り出すことが大事なので、こっちのほうがあっていたと思う。

 正直ものすごくつよい。

 

 

〇基本選出

1 ボーマンダ+ヤドラン+ニンフィア

 ヤドランを軸に上から下から火力を押し付ける。運負け要素が少ないためこの選出ができる相手には勝率が高い。

 

2 ゲンガー+ヤドラン+ニンフィア

 ゲンガーで1:1とってからトリルで制圧。トリルのなさそうなクチート入りや、ニンフィアを止めるポケモン1体しかいない構築に刺さる。

 

3 ヤドラン+モロバレル@1

 相手が決定力の低いサイクルだったりする場合に安全にサイクルを回しつつ眠らせたり燃やしたりして削っていく。

 

4 ゲンガー+ホルード+ヤドラン

 対受けループ用。とりあえずホルードでとんぼしてバンギ以外の前でゲンガーでみがわりを貼る。そして、出てきたバンギにホルードを投げてまたとんぼするっていうくり返しで受けルは崩れる。最後に小さくなるラッキーがよく残るためにTOD用兼、グライに不利をとられないクッション役としてヤドラン。

 

 上のやつとは関係なくゲンガーがいるときはホルードを後ろに、ゲッコウガがいるときは初手からよく投げてた。

 

〇感想

 久しぶりにまともに潜ったシーズンだったけどこんな結果なのは悲しい。

 メンヘラリセットは時間がなくなるだけなのでやめようと思います。

 そもそもしばらく忙しくなるからまともに潜れない気がするけど。

 実はマンダが軸じゃないのは内緒。